「未就学児童向けプレスクールワークショップ開講」<DPマガジン>vol.7

メールマガジン7号!

2014年がはじまったかと思ったら、あっという間に2ヶ月が過ぎましたね。
2月は大雪の中、土曜日毎にデジタルポケットは車輪のきかないキャリーケースを引きずって(ときに担いで)、ワークショップ現場に向かい、無事実施してきました。
これからも、大雪だろうが猛暑だろうが、子供たちにビスケットワークショップを届けるためにがんばっていこうと思います。
さて、先号では「今年は様々なことにチャレンジしていきたい」と宣言しましたが、それが段々とかたちになってきています。

まず、3月より、未就学児童を対象とした『プレスクールワークショップ』を開催します。
これによって、デジタルポケットでは、未就学児童向けの『プレスクール』、小学校1年生から4年生にむけた『ビスケット塾』、中学生〜高校生が学べる『TENTO』と、幅広い年代に向けたプログラミング体験を提供できるようになります。
また、TENTO横浜開講に先立ちまして、3月16日には合同で、無料体験イベントを開催します。
残念ながら、16日のビスケット塾の『レッスン1』は満員御礼となりましたが、TENTOのレッスン(4年生以上むけ14:00〜)は参加受付中です。
(受付はこちらからhttp://www.tento-net.com/2014/02/04/yokohama_ichikawa )
ビスケット塾は、3月20日に追加で体験レッスン『レッスン1』を開催します。
ビスケット塾、TENTOの講座がどんなものか体験したい方は、この機会にぜひお申し込みください。

そして、<原田博士の『コンピュータと教育』コラム>は第3章「ビスケットによるコンピュータ入門」に入ります。前回は、なぜ原田博士がビスケットをつくったのかが明らかになりましたが、今回から、ビスケットでどのように子供たちがコンピュータを学んでほしいか、という話に入ります。

★目次

■ニュース
 3月15日(土)、4月13日(日)『プレスクールワークショップ』開催!
 3月16日(日)『TENTO横浜体験講座』開催!
 4月12日(土)、13日(日)『ファシリテータ講習』開催!

■いままでのビスケット塾のレッスン紹介
 木曜日レッスン 「海の音楽」
 土曜日隔週レッスン 「ももしまたろう」・「ゆらゆら」
 
■予定されているビスケット塾のレッスン
 木曜日レッスン 「総合制作」
 月曜日レッスン 「ゲーム」
 土曜日隔週レッスン 「絵本」・「ワイルドカード」
 
■3月以降実施予定のビスケットのワークショップ
 3月8日(土)、9日(日) 足立区梅田地域学習センター「梅田センターふれあいまつり」
 3月28日(金) 湘南工科大学「ビスケットワークショップ」
 3月30日(日) テレビ東京「オンリーワン体験スクール2014春」
 3月30日(日) 筑波大学 東京キャンパス「テントくんで遊ぼう!ジュニアハッカソン」

■ビスケットでつくられた作品

■原田博士の『コンピュータと教育』コラム

■編集後記

………………………………………………………………………………………
 ■ニュース
………………………………………………………………………………………
○3月15日、4月13日 プレスクールワークショップ開催!
 NPO法人デジタルポケットでは、未就学児童向け・ビスケット塾プレスクールワークショップを4月から定期的に実施します。プレスクールワークショップ第一弾として『親子でつくるわくわくプログラミングアニメーション』を開催します。
 4歳からプログラミングができるユニークな言語「ビスケット(Viscuit)」を使って、コンピュータでのものづくりの楽しさを親子で体験しませんか。
 http://www.digitalpocket.org/preschool_event/

○3月16日 TENTO横浜体験講座開催!
 いよいよ4月3日から、TENTO横浜を菊名のデジタルポケットで開講いたします!
それにさきだって、3月16日に無料体験イベントをおこないます。TENTOとビスケット塾の提供するカリキュラムの一部を体験していただきます。
「プログラミングって何?興味津々!」って子供たち、「プログラミング?そんなの毎日やってるよ!」って子供たち、「ゲームはするものじゃなくて作るものだよ!」って子供たち、パソコンでみんなと違うことがやりたい人は全員集合ですよ~!
 http://www.tento-net.com/0316yokohama

○4月12日(土)、13日(日)『ファシリテータ講習』開催!
 ビスケットワークショップができるファシリテータを養成します。NPO法人デジタルポケットは全国でビスケットのワークショップを行っています。その活動で蓄積されたノウハウをファシリテータ講習でお教えします。また、ワークショップだけでなく、ビスケットとは何かといったことも、体系的に学ぶことができます。
 ビスケットワークショップをやってみたい、知りたい、コンピュータ室をもっと活用したいとお考えになっている方におすすめです。
 詳しくはこちらからご覧いただけます。
 http://www.digitalpocket.org/digitalpocket/training_program/program_schedule/

………………………………………………………………………………………
 ■いままでのビスケット塾のレッスン
………………………………………………………………………………………
<木曜日レッスン:「合奏」>
 ビスケットをつかって楽器をつくり、みんなで合奏をしました。音を止めたり、ならしたり、大きくしたり、小さくしたりしてみんなで音楽を奏でました。

<土曜日隔週レッスン:「ももしまたろう」・「ゆらゆら」>
 「ももしまたろう」は、みんなが知っている昔話をモチーフにした絵本づくりです。同じ「はじまり」と「おわり」の絵から、その間をつなぐ「場面」を考えて、自分の描いた絵が動く絵本をつくりました。
 「ゆらゆら」では、いままで直線の動きだった動きにくわえ「ゆらゆら」する動きを覚えました。
………………………………………………………………………………………
 ■これからのビスケット塾のレッスン
………………………………………………………………………………………
<木曜日レッスン 「総合制作」>
 1年間学んできたことを盛り込んで、総合的な作品をつくります。

<金曜日レッスン 「ゲーム」>
 インタラクションを使ってゲームををつくっていきます。

<土曜日隔週レッスン 「デジタル絵本」「ワイルドカード」>
「デジタル絵本」では、自分で考えたお話を、自分で絵を動かしてつくります。
「ワイルドカード」では、「ぶつかったら」のプログラムを使い、絵と絵を戦わせるロボットスタジアムをつくります。

………………………………………………………………………………………
 ■3月以降の各地のビスケットのワークショップ
………………………………………………………………………………………
○足立区梅田地域学習センター「梅田センターふれあいまつり」

 足立区梅田地域学習センター「梅田センターふれあいまつり」にてビスケットワークショップが行われます。当日は自由参加で、時間の制限はなく、自由な雰囲気で行われます。

  日時:3月8日(土)10時〜17時、9日(日)10時〜16時
  会場:梅田地域学習センターLソフィア(〒123-0851 足立区梅田七丁目33番1号)
  詳細:http://www.city.adachi.tokyo.jp/bunka/chiikibunka/shogaigakushu/umeda-fureaimatsuri.html
  対象:どなたでも参加できます。
  参加費:入場無料(一部材料費のかかるイベントがあります)

○湘南工科大学「ビスケットワークショップ」

 NPO法人デジタルポケットは湘南工科大学の学生を社会貢献活動の実習として受け入れています。その実習でビスケットワークショップを学んだ学生が、大学のコンピュータ室を利用してビスケットワークショップを行います。

  日時:3月28日(金)13時~15時(受付 12時半~)
  会場:湘南工科大学(〒251-8511 藤沢市辻堂西海岸1-1-25)
  詳細:http://www.shonan-it.ac.jp/contents/event/20140301_01/index.html
  対象:2013年度の小学校4年生~6年生
  募集人員:18人(申込先着順)
  申し込み:湘南工科大学 社会貢献活動支援室(shakou@center.shonan-it.ac.jp)
  ※メールでのお問い合わせの際は、必ず件名に「ビスケット」と記載してください。
  ※期間:2014年3月19日(水曜日)10時00分~3月24日(月曜日)15時00分

○テレビ東京「オンリーワン体験スクール2014春」

 NPO法人ギフターラボが開催する子どもたちの興味・創造性を引き出す体験イベントにビスケットワークショップが出展されます。ギフターラボは発達障害を抱える子どもへの完全オーダーメイド授業の開発・実施を通じて以下の社会的価値を提供するNPO法人です。

  日時:3月30日(日)13時〜17時(12時半開場)
  会場:テレビ東京会議室「てれとプラザ」
     東京都港区虎ノ門 4-3-9 住友新虎ノ門ビル7F
  詳細:http://www.gifterlabo.net/event_festa_20140330.html
  対象:①小学2年生~中学3年生(体験プログラム)
     ②保護者/ご関心のある方(保護者向けセミナー・交流会)
     ※セミナー・交流会のみご参加可能です。(参加費:1,000円)
  参加費:3,500 円
  申し込み:詳細に記載されたwebをご参照の上、3月8日(土)までにお申込み下さい。

○筑波大学 東京キャンパス「テントくんで遊ぼう!ジュニアハッカソン」(仮)

 子ども向けIT/プログラミングスクールTENTO主催でジュニアハッカソンが開催される予定です。詳細は未定です。決定次第、ホームページなどで告知させていただきます。

  日時:3月30日(日)  
  会場:筑波大学 東京キャンパス(〒112-0012 東京都文京区大塚3丁目29-1)
  詳細:決まり次第お知らせします

………………………………………………………………………………………
 ■ビスケット作品紹介
………………………………………………………………………………………
 
 作品紹介第二回目の作品はこちらです。
 『viscuitでつくられたカーリングゲーム 』
 https://www.youtube.com/watch?v=nkZr8V1nJ9k

 ソチオリンピックが閉幕し、まだ感動も収まりませんが、ビスケットでカーリングゲームを作ってくれた方がいらっしゃいました。「ストーンとストーンがぶつかったら」というプログラミングや、投げたストーンを上下キーで動かせるところがカーリングの感じを出しています。

 www.viscuit.comの作品は、デジタルポケットのyoutubeチャンネルでも多く紹介しているので、こちらもご覧下さい。
 http://www.youtube.com/channel/UCpm11FwCos2Jzqt6Geiubug

………………………………………………………………………………………

<原田博士の『コンピュータと教育』コラム>
**『ビスケットによるコンピュータ入門』 その1**

 ビスケットは誰でも簡単にコンピュータのプログラミングができるツールです。世の中にはプログラミングを教えるためのツールは沢山ありますが、ビスケットを設計した目標は、プログラミングの習得ではなく、遊びながらコンピュータとは何かということを、直観的に理解して行くことです。ビスケットを設計する上で心がけたのは、将来コンピュータの道に進まない人であっても、コンピュータのことを好きになって欲しい、ということでした。世の中にあるコンピュータ入門は、理系男子が好みそうなテイストのものが多いですが、もっと広く、女子にも受け入れてもらえるようなコンピュータにしたかった。
少し具体的に、ビスケットで遊んでコンピュータをどのように感じて欲しいのか解説しましょう。
1)「コンピュータは自分のもの」
ビスケットでは、自分の描いた絵が一番目立つようにデザインされています。楽しませるための過剰な演出もありません。ここがテレビゲームと全く違うところです。こちらが指令しなければ何も動きませんし、親切に動いてくれる訳ではなく、指令した通りにしか動きません。コンピュータに使われているのではなく、コンピュータを使っているのは自分なのだ、という気持ちを一番大切にしています。
2)「コンピュータの中身を触れる」
コンピュータはブラックボックスと思われがちですが、ビスケットはその逆で、直接中身を見せて触れるようにしています。触るとすぐに動き出しますから、いろんな実験がすぐにできます。自分で直接触っている感覚を大切にしたいので、自動的に整理してくれる機能はあえて用意しませんでした。その代わり適当に使うとすぐにぐちゃぐちゃになってしまい、作っている人の性格がよく現れます。

***次回は、3)4)に続きます。お楽しみに!

………………………………………………………………………………………
<編集後記>
2月22日(土)23日(日)は、大阪の中心部にある『キッズプラザ大阪』で、アンドロイドタブレットを使ったゲーム作りを実施してきました。この施設は、1997年に開館した、日本で最初のこどものための本格的な博物館で、年間40万人もの来場者を集めているそうです。館内には、いきものを展示する場所、キッチンスタジオ、科学のハンズオン展示、職業体験など、実にさまざまな設備が渾然一体となっている、大変面白い施設です。
普段こんな楽しい施設で遊んでいるせいか、参加してくれたお子さん達はとても好奇心旺盛で、すこし長めな2時間という時間もあっというまに過ぎ、ビスケットで面白いゲームをたくさん作ってくれました。

アンケートに「ゲームが好きだけど、遊ぶばかりでなく作るほうを体験させたかった」と書かれた保護者の方が数名いらっしゃり、私たちの意図が伝わったと感じて嬉しくなりました。また、関西方面でも実施の機会を得たいと思います。(小林)
………………………………………………………………………………………

○レッスンに関するお問合せ、ワークショップについてのご依頼等は下記にどうぞ。

 NPO法人デジタルポケット(10:00〜18:00/火水曜日定休)
 電話番号:045-642-7150
 携帯電話:090-5522-0394
 メール:dp_info@digitalpocket.org

メールマガジン [DPマガジン]
発行:NPO法人デジタルポケット
———————————————————-
本メールマガジンの配信停止をご希望の方、デジタルポケットへのお問い合わせは
dp_info@digitalpocket.orgまでご連絡ください。
本メールマガジンは不定期発行です。
本メールに掲載された記事は自由に転載いただけますが、一切の改変を禁止いたします。
記載された内容は予告することなく変更することがあります。
———————————————————-
Copyright(c)2013 DigitalPocket All rights reserved.
http://www.digitalpocket.org
———————————————————-