渋谷区文化総合センター大和田「1日でできる!Viscuitでゲームづくり」

2014年12月26日(金)、ビスケット塾渋谷を開催している、渋谷区文化総合センター大和田にてNPO法人デジタルポケットによる「1日でできる!Viscuitでゲームづくり」を開催しました。

冬休み初日であり、また、渋谷という立地のよさからか、当日は満員の参加をいただきました。10:00から16:00という、お昼を挟んだ長丁場のワークショップでしたが、参加した子供たちの集中力は切れることなく、最後の遊び合間で笑顔が絶えませんでした。

当日の様子

20141216-1
小学校1年生から6年生までのお子様が参加してくれました。中には東北地方からちょうど帰省していて、タイミングが合うのでぜひ参加したい、とお申し込みをいただいた方もいらっしゃいました。講師のインストラクターからビスケットのプログラミングの説明を受けている様子。

20141216-2
作品制作にのぞんでいる様子です。「ゲーム」というと男の子の参加が多いのですが、今回は2年生の女の子が2人、5年生の女の子が1人参加してくれました。ビスケットのプログラミングは一般的なキーボードを叩いてするプログラミングとは大きく違い、絵を描いて、並べることでプログラミングをするので、絵が好きな女の子には非常に楽しんでもらえます。

20141216-3-2
「1日でできる!」の最大の特徴は設計図といっても過言でもありません。「なんとなく」作るのではなくて、「こういうものを作りたい!」と頭の中でしっかりイメージをつくってからプログラミング作品にとりかかります。

20141216-5
午前中は、ビスケットプログラミング入門を兼ねた共同制作、午後が本格的にゲーム制作に入ります。写真は午後の1コマ。講座の途中の遊びあいタイムで席を立ってみんなの作品で遊びあっている様子です。

20141216-6

20141216-7
みんなで、みんなのつくったゲームで遊びます。上の写真は、参加した他の人がつくった対戦ゲームで兄弟で遊びあっている写真。5年生の女子がつくった対戦ゲームです。対戦できるゲームというのが非常にいいですね。
下の写真はお友達同士で参加した3人の写真。お友達がつくった一つのゲームをみんなで代わり番こして遊んでいます。

20141216-8
10:00から12:00までが午前の部、13:00〜15:00までが午後の部となっていて、15:00から15:30は参加者同士で、出来上がったゲームで遊ぶ時間、15:30から16:00が保護者の方もお招きして、ゲーム展覧会の時間とさせていただきました。

作られた作品

*作品を見るにはFlashプレイヤーが必要です

うみ

20141216-1
大きな画面で見る
一つ一つの作品をみる

よこ

20141216-2
大きな画面で見る
一つ一つの作品をみる

たて

20141216-3
大きな画面で見る
一つ一つの作品をみる

かいてん

20141216-4
大きな画面で見る
一つ一つの作品をみる

2コマ

20141216-5
大きな画面で見る
一つ一つの作品をみる

びっくり箱・ゲーム

ゲーム・作品の一覧が表示されます。遊びたい・鑑賞したい作品をクリックしてください。(作品を閲覧・操作するにはflashプレイヤーが必要です)

20141216-6

▲ゲーム・作品の一覧画面

▲画面右の丸い矢印を押すとやりなおし、×を押すと終了

びっくり箱・ゲーム

感想

参加者の方の感想

「ものすごくたのしかったです。またゲームをつくりたいです。」(1年生男子)
「It was very fun. I had fun.」(2年生女子)
「家でできないことがたのしくできて、遊べたのでよかったです。」(2年生男子)
「いろんな人が楽しんでくれたからよかった。ゲームの作り方がわかった」(6年生男子)

保護者の方の感想

「ゲーム(3DS、ネット(マイクラ等)で夢中で遊んでいますが、今日はその中身(制作過程)について知ることができてよかった、と話していました。また、自分のつくったゲームで他の人が喜んで遊んでくれているのは嬉しいと言っていました。よい体験になりました。」
「ゲームを自分で作る楽しみを感じることができました。」

ワークショップの詳細

実施

日時:2014年12月26日(金)10:30〜16:00
参加者学年:小学校1年生〜5年生
実施場所:渋谷区文化総合センター大和田
講師:デジタルポケット2名+湘南工科大学実習生1名
内容:プログラミングアニメーション・ゲームづくり