スペース・デジタルポケット「プレスクール・プログラミングワークショップ「造形」

2014年11月15日(土)、スペースデジタルポケットにて特定非営利活動法人デジタルポケットによる、未就学児童を対象にしたビスケット塾プレスクール・プログラミングワークショップ「造形」を開催しました。

プレスクール・プログラミングワークショップ「造形」は、「基礎」に参加したあとの、もう少し高度なプログラミングを体験します。「造形」では、ストーリー・場面に合わせた絵と動きを考えて制作します。

当日の様子

「造形」では、「絵本」をモチーフに制作します。
草原に人や動物、建物があらわせる絵本を一緒に読んで、制作のイメージを共有します。

DSC00874

今回のテーマは「ギザギザやま」。このふしぎな山に何かが出てくる!その「何か」を想像して、
ひとり1場面ずつ、絵と動きをビスケットで作ります。
みなさん、「基礎」を受講しているので、ビスケットでの制作はばっちりですね。

DSC00880

たくさんのページができてきたところで、「ギザギザやま」の発表会をします。
場面がかわったら、それを作った人が、「どんな場面か」を発表します。忍者が修行をしていたり、宇宙人が侵略していたり、ヘリコプターが綺麗な景色を探しに来ていたりと、いろんな場面ができました。
(作品はレポートの下のほうで紹介しています)
DSC00895

一旦休憩を挟んで、今度は、「動く景色」を作ります。
今度は、飛行機がいろんな世界を移動していく絵本をみんなで読んで、作り始めます。
タイトルは「ひこうきはどこにいくの?」

そして発表会!「ギザギザやま」とはまた違う、面白いお話になりました。

DSC00978

作られた作品

(作品をみるにはFlashプレイヤーが必要です。画像をクリックすると別ウィンドウが開きます。画面をクリックすると、次の場面に移動します。)

ギザギザやま


gizagiza

ひこうきはどこにいくの?

plane

ワークショップの詳細

実施

日時:2014年11月15日(土)10:30〜12:00
参加者学年:年少さん〜年長さんとその保護者
実施場所:スペース・デジタルポケット
講師:デジタルポケット2名、大学生ボランディア
内容:プログラミングアニメーションづくり