スペース・デジタルポケット「キッズ・ビスケット・ワークショップ(アニメーション)」

2014年9月13日(土)、スペース・デジタルポケットにて特定非営利活動法人デジタルポケットによる、小学校1年生〜3年生を対象にしたキッズ・ビスケットワークショップを開催しました。

キッズ・ビスケット・ワークショップは様々な角度からコンピュータプログラミングの楽しさを子供たちに知ってもらう目的で開催しています。今回は「アニメーション」をテーマに作品をつくりました。

当日の様子

20140913pre1
スペース・デジタルポケットにはいろんなカードゲームがあります。ワークショップ開始前はそのゲームで遊びます。会場に到着すると、慣れない場所なので緊張しますが、ゲームをしている間に段々と場所に慣れてきます。

20140913pre2
ペンタブレットでビスケットを操作するので、未就学児童でもつまずかずにプログラミングをすることができます。最初は一緒に練習をしますが、ある程度ビスケットの使い方がわかると、こちらが指示をしなくてもどんどん本人が「いいこと思いついた!」と作品を作っていきます。

20140913pre3
コンピュータが余っていたので、同伴された兄妹もビスケットにチャレンジ!3歳ということでしたが、操作を覚えると、絵を描いて、メガネをだして、動かして、と作品をつくっていました。

20140913pre4
発表会の様子。大きく映された「うみ」から自分の作品をみつけて写真をとっていました。とても嬉しそうな様子でした。

作られた作品

うみ

20140913land1
大きな画面で見る
一つ一つの作品をみる

どうぶつえん

20140913land2
大きな画面で見る
一つ一つの作品をみる

おばけやしき(おまけ)

大きな画面で見る
一つ一つの作品をみる

ワークショップの詳細

実施

日時:2014年9月13日(土)10:30〜12:00
参加者学年:小学校1年生〜3年生
実施場所:スペース・デジタルポケット
講師:デジタルポケット2名
内容:プログラミングアニメーションづくり