スペース・デジタルポケット「キッズ・ビスケット・ワークショップ」

2014年8月16日(土)、スペースデジタルポケットにて特定非営利活動法人デジタルポケットによる、小学校低学年児童を対象にしたキッズ・ビスケット・ワークショップを開催しました。

キッズ・ビスケット・ワークショップは様々な角度からコンピュータプログラミングの楽しさを子供たちに知ってもらう目的で開催しています。今回は「アニメーション」をテーマに作品をつくりました。

当日の様子

20140816kvws1
製作中の様子。コンピュータの台数に余りがあったので、そのコンピュータで保護者の方にも体験していただきました。

20140816kvws_a
最初は練習としてテーマ「うみ」で作品作り。2つの命令を繰り返させるプログラミングでこのように魚がパクパクする作品を作ってくれた女の子がいました。ちゃんと顔の向きに泳いでいきます。かわいいですね。

20140816kvws_b
後半は2つのテーマ「おかしのくに」と「うちゅう」に分かれて製作をしました。参加者には男の子2人と女の子3人いましたが、女の子はみんな「おかしのくに」、男の子はみんな「うちゅう」テーマを選びました。これは「うちゅう」で作られた作品。しっかりと隕石が軌跡を描くように動かしています。

20140816kvws_c
こちらはテーマ「おかしのくに」でつくられた作品。ビスケットをつくってくれました。しかも3つのビスケットが割れる変化をつかってビスケットが割れては戻るアニメーションになっています。かわいいですね。

20140816kvws3
最後は全員の作品を大きくプロジェクタで一緒に投影します。まずは「おかしのくに」。「わたしのはあれだよ」、「あのお菓子がなくなっては復活してる!」。いろんな感想がでます。いっぱい作品があって、しかも、動いているので、一瞬では全てがわかりません。じっと見てるといろんな発見があります。

20140816kvws2
続いて、テーマ「うちゅう」。男の子達のロマンが溢れています。保護者の方も一緒につくっていただいているので「ねえ、どれつくったの?」とお子様聞かれ、「あれだよ」と教えている場面もありました。

20140816kvws4
最後はみんなと記念撮影。夏休みのよい思い出になったらよいな、と思います。ご参加ありがとうございました。

ビスケットランド

うみ

20140816kvws_land1
大きな画面でみるにはこちら
ひとつひとつの作品はこちら

おかしのくに

20140816kvws_land2
大きな画面でみるにはこちら
ひとつひとつの作品はこちら

うちゅう

20140816kvws_land3
大きな画面でみるにはこちら
ひとつひとつの作品はこちら

おばけやしき(おまけ)

20140816kvws_land4
大きな画面でみるにはこちら
ひとつひとつの作品はこちら

ワークショップの詳細

実施

日時:2014年8月16日(土)14:00〜15:30
参加者学年:小学校1年生〜3年生
実施場所:スペース・デジタルポケット
講師:デジタルポケット1名+アシスタントスタッフ1名
内容:プログラミングアニメーションづくり