NTT R&Dチャンネル「コンピュータを粘土にしよう―1000人でプログラミング大実験―【ビスケットオンラインワークショップ】」

2014年3月26日(水)にNTT R&Dチャンネルにてビスケット開発者・原田康徳博士とNPO法人デジタルポケットによるコンピューターを粘土にしよう―1000人でプログラミング大実験―【ビスケットオンラインワークショップ】が開催されました。

当日は会場に集まった8名の方と、ニコニコ生放送をご覧になっている視聴者の方々が、インターネット上で同時にワークショップをしました。

当日の様子

前半・ビスケットランド

1
▲ニコニコ生放送画面「コンピューターを粘土にしよう―1000人でプログラミング大実験―【ビスケットオンラインワークショップ】」がはじまります。

2
▲会場ではスクリーンで原田博士、NPO法人デジタルポケットの小林が解説をします。参加者はそのスクリーンを見ながらビスケットのやり方を覚え、ワークショップに参加します。

3
▲視聴者の画面では、この用に原田博士の実際のデスクトップの操作が、会場の人がスクリーンを見ているように見ることができます。この画面を見ながら、ワークショップに参加します。

4
▲会場の様子。参加者もタブレットパソコンを使って実際に絵を描いて作品をつくります。前半の絵のテーマは「春」です。「春」をテーマに絵を描いて動かします。

5
▲スクリーン上に自分の作品が映し出されます。この画面には会場の方々だけでなく、オンラインの視聴者の作品も一緒に投影されます。1人として同じ絵、同じ動きを作らないところがこのワークショップの面白いところです。

前半に作成された作品はこちらです。

iosでご覧になるかたはこちら
大きい画面でみるにはこちら
ひとつひとつの作品をみるにはこちら
動いているそれぞれの絵が参加者の作品です。絵がまっすぐ動いていたり、回っていたり、はたまた、2コマのアニメーションのように絵が入れ替わったりしています。そのすべてが参加者がプログラムした動きに基づいて動いているのです。

後半・シミュレーション〜二進法

6
▲後半はシミュレーションをテーマに作品をつくります。(生放送の画面)4つのメガネはそれぞれ、左上が「健康な人はー>横に動く」、左下が「風邪を引いた人はー>上に動く」、右上が「健康な人と風邪を引いた人がぶつかるとー>風邪を引いた人が2人になる(増える)」、左下が「病院と風邪の人がぶつかるとー>病院はそのまま、風邪を引いた人は健康な人になる」という意味です。

7
▲会場の参加者も、オンラインでワークショップに参加している人も、風邪のシミュレーションを作ります。制作に入ると会場もしーんとなり、ニコニコ動画上のコメントもしーんとなりました。

8
▲会場では、原田博士が直接参加者にアドバイスをしていました。

9
▲会場の全体。風邪のシミュレーションができたら、今度は参加者それぞれが自分の発想でシミュレーションを作ります。みんな真剣にビスケットでシミュレーション作品を作っています。

11
▲参加者の作品。これは人狼ゲームのような作品でした。オンラインで参加されている方の作品も、取り上げてもらいたいものをコメントで募集し、原田博士、小林が解説をしました。
作られたひとつひとつの作品はこちらご覧いただけます。

12
▲ワークショップの終わりに原田博士の解説がありました。後半のシミュレーションを終えての解説のスライドです。

13
▲解説の後に、風邪のシミュレーションを応用した「じゃんけんのシミュレーション」のデモンストレーションがありました。


iosでご覧になるかたはこちら
このシミュレーションは原田博士のブログでも解説・紹介されています。原田博士ブログ「ビスケットのあれこれ

14
▲風邪のシミュレーション〜3すくみのシミュレーションまでを見て、シミュレーションのすごさを改めて感じました。

15
▲その後に、ビスケットで二進法の解説をしました。最初は絵を動かすだけだったのが、いつの間にかこんな高度なところに!ニコニコ生放送のコメントも盛り上がります。

16
▲なぜコンピュータは2進法で計算するのか?人間は10進法をどのように理解しているのか?私たちは10進法を頭で考えて使っているのではなく、九九のように覚えているから使いやすいのですね。

最後・コンピュータ入門講座

17
▲そして、最後に原田博士のコンピュータ入門講座がありました。

18
19
20
▲ワークショップでコンピュータ・プログラミングを体験しているからこそ、この講座の意味が深くわかります。

21
22
▲入門講座で今回の「コンピューターを粘土にしよう−1000人でプログラミング大実験―【ビスケットオンラインワークショップ】」は終了です。座学だけでも、体験だけでもなく、ベタとメタを行ったり来たりする内容で、かなり濃厚な2時間でした。

日時:2014年3月26日(水) 21:00〜23:00
場所:NTT R&Dチャンネル
講師:原田博士・NPO法人デジタルポケット
内容:ワークショップ・オンラインワークショップ