横浜市立茅ヶ崎小学校「Viscuit(ビスケット)でゲームづくり!!」第三回

2014年2月15日(土)に茅ヶ崎小学校放課後キッズクラブ(神奈川県横浜市)にて「タブレットでやってみよう!『Viscuit(ビスケット)でゲームづくり!!』第3回」が開催されました。このイベントは子ども夢基金の助成事業として行われています。第3回は「画面を触ったら〜〜になる」、という命令からインタラクションを学び、使う人とインタラクションのある作品を作ってもらいました。(最終回は今回作成した作品を展示し、展覧会をおこなう予定です)

午前(3年生以上)

0215am1

▲第三回はインタラクションのあるゲームをつくります。先週に引き続き、大雪がふったため外は雪景色。でも、みんなゲームをつくるためにやってきてくれました。

0215am2

▲今回は絵を「触ったら」という命令をつかいます。「触ったら」が入ることによって、いままではできたものを眺めるだけでしたが、今度は見る人が触って操作できるようになります。
このゲームは実際に動かすと下のようになっています。

▲帽子が半分脱げているときに触ると爆弾になって爆発します。帽子がないときにさわるとプレゼント箱のようになってケーキになります。iosでみる場合はこちら

15am-3

▲このゲームはこのようなメガネでつくられています。メガネに入っているオレンジ色のマークが「触ったら」の命令です。帽子が脱げているとき、帽子をかぶってないとき、それぞれに触ったらの命令がされているのがわかります。

0215am3

▲ゲームができたらゲームの説明書をつくります。タイトルと遊び方を他の人がわかるように書きます。

0215am4

▲最後はみんなで遊び合いです。ゲームの説明書をよんで、実際にチャレンジ。1つとして同じゲームはありません。みんな個性的なゲームばかりでした。

午前(3年生以上)の作品(ゲーム)紹介

作られたゲームは下記の手順で遊ぶことができます。タイトルをクリックすると、大きい画面で作品を見ることができます。

ゲームの画面を見るためには、インターネットエクスプローラー以外のブラウザをご使用ください。

下の「3年生以上 ゲームづくりの作品一覧」リンクをクリックすると、ゲームの一覧が表示されます。遊びたいゲームをクリックしてください。

15am-1

ゲームの一覧画面

画面右の丸い矢印を押すとやりなおし、×を押すと終了

3年生以上 ゲームづくりの作品一覧はこちらから

午後(1、2年生)

0215pm2

▲前回は雪で中止でした。1週間まるまるあいてしまいましたが、「みんな、この前やったこと覚えてる?」と聞くと「はい!」と元気に手をあげてくれました。お家でも作品を見てくれたそうです。

0215pm1

▲1、2年生はいきなりゲームをを作成するのはちょっと難しいので「触ったら」の命令をつかったびっくり箱をつくります。「箱を触ったら、箱があく」をまず作って、その後に「あいた箱」にびっくりするようなものを描いていれます。

0215pm4

▲設計図を描いて、どんなものを入れて、どんな動きにするか考えます。
この参加者は下の動画のような作品をつくりました。

箱を触ると「わー」「おいていかないでー」というメッセージとともに素敵な絵がとびだします。iosでみる場合はこちら

15pm-3

▲この作品はこのようなメガネでつくられています。箱を押したらメッセージと絵がでてきて、それぞれの絵はそれぞれメガネで動きが命令されています。

0215pm5

▲最後はできたびっくり箱をお互いにプレゼントし合います。スタッフの人にも「あけてみてー!」とプレゼント。

午後(1、2年生)の作品(びっくり箱)紹介

作られたゲームは下記の手順で遊ぶことができます。タイトルをクリックすると、大きい画面で作品を見ることができます。

ゲームの画面を見るためには、インターネットエクスプローラー以外のブラウザをご使用ください。

下の「1、2年生 びっくり箱の作品一覧」リンクをクリックすると、ゲームの一覧が表示されます。遊びたいゲームをクリックしてください。

15pm_1

びっくり箱一覧画面

画面右の丸い矢印を押すとやりなおし、×を押すと終了

1、2年生 びっく箱の作品一覧はこちらから

次回は今回作った作品を教室に展示し、展覧会をおこないます。

この事業は子ども夢基金による助成事業としておこなわれています。全3回を通して、少しでもコンピュータを身近に感じてもらい、好きになってもらえればと思っています。

日時:2014年2月15日(土) 10:30〜12:00/3年生以上クラス 13:00〜14:30/1、2年生クラス
場所:茅ヶ崎小学校放課後キッズクラブ(茅ヶ崎小学校内)
講師:NPO法人デジタルポケット、ワークショップデザイナー育成プログラム履修生、ビスケットファシリテータ講習履修生、湘南工科大学実習生
内容:ワークショップ
協力:教育支援教会