小平第十三小学校「ビスケット パソコン教室」第三回

2013年6月22日小平第十三小学校子どもクラブにて「ビスケットパソコン教室 〜パソコンで遊ぼう〜」の三回目を開催しました。
第三回目はボタンのパーツを使った動きの制御と、インタラクションを取り入れた作品作りを学び、後半はそのテクニックを用いてゲームをつくってみる、ということをしました。

wsc1.jpg
<最初の説明〜練習>「空手家」のサンプルの絵を使って、「空手家が①ボタンでパンチする」「空手家が矢印キーで自由自在に動く」というように空手家を通して制御の仕方を学びました。

wsc1.jpg
<実際に試してみている様子>「空手家っていったら何をパンチするかな?」、「瓦!」「板!」、「じゃあ、それ空手家がパンチして割るプログラムをつくってみよう」と各々が空手家にパンチさせたいものを描き、割るプログラムをつくりました。

wsc1.jpg
<オリジナル作品をつくる>制御の仕方がわかったら今度は自分の描いた絵を制御してみます。彼の作品はロボットでしょうか。

wsc1.jpg
<中間発表会>他の参加者がどんな作品を作ったのか見てみます。1人だけでなく、みんなの作品のフィードバックを聞くことができると体験が参加者の人数分増えますね。

wsc1.jpg
<オリジナル作品2>後半は簡単に前のスクリーンで「ロケットを①で飛ばす」「ロケットとUFOが当たったら爆発する」をやります。「当たったら爆発はどうしたらいい?」と聞くと参加者のみんなは制御も衝突もやっているのですぐにわかります。「じゃあ、これでゲームをつくってみよう!」設計図を描いてからゲームを制作します。

wsc1.jpg
<ゲーム遊び合い>最後は実際に参加者みんなで作ったゲームで遊び合います。

インタラクションのある作品

ビスケットのボタンは①②キー、上下左右の矢印キーがあります。それを使って、動き、また、何かに当たり変化がおこる作品をつくりました。
※それぞれの作品は画面の任意の場所をクリックした後にスペースキーを押すと最初からはじまります。
※画面の任意の場所をクリックした後に1キー、2キー、上下左右キーが使えるようになります。

※量が多いので全ての作品の紹介は控えさせてただきました。どうぞ遊んでみて下さい。


大きい画面で遊ぶ
これは6年生男子の作品。青いキャラクターを上下左右ボタンで動かすことができます。たこ焼きにあたると?


大きい画面で遊ぶ
これは4年生女子の作品。ピンクの棒人間を操作してドミノに当たると?


大きい画面で遊ぶ
これは5年生の男の子の作品。石ころのところまで人を動かして①で蹴ると?人がいっぱいいますね。


大きい画面で遊ぶ
これは4年生男子の作品。UFOを操作することができます。UFOが棒人間にあたると?

ゲーム作品

インタラクションのある作品作りをしてからゲーム作品をつくりました。いままでのモードではメガネの左右の数が同じでなければ命令が実行されませんでしたが、この創作からメガネの左右のぶひんの数が同じではなくてもメガネの命令が実行されるようにしています。
※それぞれの作品は画面の任意の場所をクリックした後にスペースキーを押すと最初からはじまります。
※画面の任意の場所をクリックした後に1キー、2キー、上下左右キーが使えるようになります。

※量が多いので全ての作品の紹介は控えさせてただきました。どうぞ遊んでみて下さい。


大きい画面で遊ぶ
こちらは6年生女子の作品。カラフルなロケットとカラフルなUFOが可愛いです。①キーを押し続けてロケットを飛ばすことができます。


大きい画面で遊ぶ
4年生男子の作品。左側にある青いキャラクターを矢印キーで動かします。①でビーム発射。②でバリアです。


大きい画面で遊ぶ
6年生男子の作品。棒人間が①キー、②キーで攻撃します。


大きい画面で遊ぶ
ロケットが惑星のようなものに攻撃できます。①キーを押してみて下さい。やられても立ち上がる姿が素敵です。6年生男子の作品。


大きい画面で遊ぶ
6年生男子の作品。上空の物体を矢印キーと①キー、②キーで操作できます。敵に当たってしまって爆発するときのアニメーションが秀逸です。

今回の後半から画面上で「部品が増えたり減ったり」をオンにしました。昨年も受講している参加者、また、ゲームが作りたい、という意思がある人からは「ビームだせないの?」と質問を受けてましたが、今回の最後でなんでいままで「部品が増えたり減ったり」をできなくしていたかを説明しました。私も原田博士の説明を参考にしています。部品が増えたり減ったりをオンにした状態だと下記のメガネが実行されるとはどういう風になるでしょうか。
wsc1.jpg
参加した子ども達はこれが画面上でどういうことになるかをこの時点ですぐにわかります。いままで3回と半分、ビスケットの使い方を、コンピュータについてのお勉強をしてきてました。だから今回からこういうプログラムも解禁しました。使い方をしっかり知っていればそれをうまく利用することは簡単です。

次回は7月13日(土)です。次回は遊ぶ人を意識したゲーム作りに取り組みます。そして、7月27日(土)にはゲームの展覧会をする予定です。

日時:2013年7月13日(土)10時00分〜12時00分
場所:ビスケット塾
講師:NPO法人デジタルポケット
内容:ワークショップ型授業