教育スクエア×ICT 茶花小学校(鹿児島県)

2013年3月6日(水)、「教育スクエア×ICT フィールドトライアル」校である鹿児島県の茶花小学校にて、昨年に続いてタブレットと電子黒板を利用して『ビスケット』を使う、ICT授業を行いました。

chabana01

与論小学校に続き、茶花小学校でも、5年生の1クラスで、みんなでひとつの世界をつくる「ビスケットランド」と、ひとりでつくる「ゲームづくり」を、2時限を使って行いました。この日は保護者の方も授業を見にいらしていました。

ビスケットの基本的な使い方を練習し、3チームに分かれて、「うみ」をテーマにビスケットランドに挑戦しました。授業を見学している保護者の方も、子ども達の手元をのぞきこんでいました。

うみ1

うみ2

うみ3

完成したビスケットランドの作品をみんなで見たあと、ゲームづくりをはじめます。

chabana04

できたゲームの作品にはそれぞれタイトルをつけて、お互いに遊びあいをしました。

chabana03

最後に、ビスケットの制作者である原田はかせが登場し、ビスケットのすごいプログラミング例を紹介しながら、今日やったことはどういうことなのか、わかりやすく説明してくださいました。

ゲームづくりの作品

作られたゲームは下記の手順で遊ぶことができます。タイトルをクリックすると、大きい画面で作品を見ることができます。

ゲームの画面を見るためには、インターネットエクスプローラー以外のブラウザをご使用ください。

「茶花小学校 ゲームづくりの作品一覧」をクリックすると、ゲームの一覧が表示されます。遊びたいゲームをクリックしてください。

ゲームの一覧画面

この画面になったら、下の「全画面表示」をクリック

画面右の丸い矢印を押すとやりなおし、×を押すと終了

茶花小学校 ゲームづくりの作品一覧はこちらから


日時:2013年3月6日(水)13時50分〜15時10分

場所:与論町立茶花小学校

講師:NPO法人デジタルポケット/原田博士

内容:教育スクウェア×ICT フィールドトライアルの授業