江戸川区子ども未来館「せいぶつ部〜100種類の生きものに出会おう〜」最終回

2013年3月2日(土)、江戸川区子ども未来館で行われている子どもアカデミープログラム「せいぶつ部〜100種類の生きものに出会おう〜」にて『ビスケット』を使った最終講義がおこなわれました。

「生物部」では1年間を通して“生物多様性”をテーマに100種類の生物を観察する!を目標に様々な生物な生物を観察してきました。参加者は山、川、顕微鏡の中、様々なところで観察し、スケッチをとってきました。この最終講義ではその観察してきたものをビスケットを使って動かしました。

wsc1.jpg
<スケッチの例>細部にわたってよく観察されたスケッチがいっぱい。

wsc1.jpg
<動かしたい生物を描きます>みんなそれぞれお気に入りの生物がいます。これはカニだね!

wsc1.jpg
<動きのプログラミングをします>これは微生物ですね。メガネをつかって動きをプログラミングします。

wsc1.jpg
<ビスケットランドに表示されます>一人一人の作品が表示されます。

ビスケットランド制作

生物のスケッチをもとに、または、自分の見てきた記憶をもとに、生物がどのように動いていたか思い出し、自分で描いた生物を動かします。生物の色、形に注目することはありますが、動きを集中して想起することはないかもしれません。

最初にビスケットでの絵の動かし方を学びます。動かし方の練習ではデジタルポケットで用意したサンプルの図形を使いました。最後には自分の描いた生物を動かす訳ですので、ここは丁寧にレクチャーしました。上下左右への動かし方、そして、早く・遅くといったスピードの出し方。メガネは左側の絵が右側に変化するという命令だということを何度も言います。平行移動ができるようになったら部品の角度を変えて配置して相対的に違う方向に部品を動かすテクニック、絵を回転させるテクニックを教えます。絵が回転するのはみんなびっくりし笑い声をあげます。

練習の最後に2つの命令の繰り返しのテクニックを教えます。これで練習はおしまいです。「川」「海岸」「陸」「ミクロの世界」の4つのテーマの中から好きなところに移動して作成を始めます。

作成された作品


大きい画面でみる
一つ一つの作品をみる

川には魚がいたり、鴨がいたり、サギがいたり、いろんな生物がいますね。空き缶なんかを描いた子どももいました。あんまりあってはいけないものですけどね。でも、そういったちょっと斜めから観察する視点も重要だと思います。沢ガニやエビもいるので、どこにいるか探してみてください。

海岸


大きい画面でみる
一つ一つの作品をみる

海岸には魚はもちろん、亀やたこ、いか、カニなど様々な生物がいます。いかの動き方、亀の水の書き方に注目してください。よく観察していたな、と思わされます。また、色の使い方もこだわりがみられて面白いです。他にもおもしろい生物がいないか探してみてください。


大きい画面でみる
一つ一つの作品をみる

陸はぴょんぴょんはねるカエル、うま、蝶々いろんな生物が動き回っています。じっくり見れば見るほど、いろんな生物の発見があります。草木も嬉しくて踊りだしたのでしょうか。とってもチャーミングな動きをしております。

ミクロの世界


大きい画面でみる
一つ一つの作品をみる

ミクロの世界はまるで顕微鏡をのぞいているような世界になっています。植物性プランクトン、動物性プランクトンなど描いた子どもは自分が何を描いているかしっかり分かって描いているのがすごいと思いました。様々なプランクトンが思い思いのリズム、速さで動いているところに多様性を感じます。

干潟


大きい画面でみる
一つ一つの作品をみる

最初は「川」「海岸」「陸」「ミクロの世界」の4つのテーマでしたが、最後はどの世界も絵がいっぱいになってしまい、もう1つ「干潟」をテーマに付け足しました。いろんなカニや貝がいます。

wsc1.jpg
<制作風景>他のテーマに移動する子どもたち

それぞれの世界はプレイマットで作られた4つの島で作られました。ワークショップ後半になってくると違う島に移動して新しいテーマにチャレンジしました。

wsc1.jpg
<図鑑>図書館に用意していただいた図鑑

江戸川区子ども未来館の1階は篠崎子ども図書館になっています。そこの図書館からいろんな図鑑が用意されていました。子ども達はお気に入りの図鑑があるとのこと。この図鑑も活用して絵を描いていました。

作品の中にはこちらでまったく教えてないのに、自分で動かし方を発見して作った作品も多くあります。自分の想像するモノが「作りたい!」という強い気持ちがあると、自分でどんどん発見して表現するんだな、と、子どもの力強さを感じさせられました。
講座の最後にはこの講座全体の講師である、古瀬さん、渡辺さんから修了証明書が子ども達に手渡されました。

当日はビスケット開発者の原田博士もいらっしゃいました。生物部終了後のミーティングでは「短時間のワークショップの中では最高レベルのビスケットランドだった」とおっしゃっていました。観察発表のツールとしてのビスケットの活用の可能性がとても感じられたワークショップでした。

参加された子ども達、江戸川区子ども未来館のスタッフの皆様、古瀬さん、渡辺さん、関係者の皆様、ありがとうございました。

日時:2013年3月2日(土)13時30分〜16時00分
場所:江戸川区子ども未来館
講師:NPO法人デジタルポケット
内容:ワークショップ