放課後NPOアフタースクール「川上小学校」2回目

2013年2月6日(水)放課後NPOアフタースクールの放課後活動の一環として横浜市立川上小学校(神奈川県横浜市)にてビスケットを用いたプログラミングワークショップの第二回目が行われました。(当日の様子は放課後NPOアフタースクールのブログでも紹介されています。→こちら

前回はタブレットを使ってビスケットランドを行いましたが、今回は川上小学校にあるパソコンをお借りしてワークショップをおこないました。少しトラブルがあったため、使用できるパソコンは3台でした。20人弱の参加者が6人ほどのチームになって1台のパソコンをシェアしてコンピュータゲームを作ります。みんな意見を出し合って制作をしていました。そして、それぞれのチームが個性のある制作プロセスを経て、個性のある作品を作っていました。

kawakami1.jpg

<会場の様子>3台のパソコン、それぞれの周りに子ども達が集まっています。

kawakami2.jpg

<説明の仕方>一斉に説明するのではなく、1班ずつ回って説明します。

作品作りの様子

ゲーム作り、ということで段階的にビスケットでのプログラムを遊びたおしてもらい、段々とオリジナリティが発揮できるようなプロセスでゲーム作りを進めました。

高学年生が多かったチームはさすが、高学年の生徒がぐいぐいみんなを引っ張って制作をしていました。講師の言うことを高学年の生徒が翻訳してみんなにわかり易く伝えてくれました。「こういうのはどうやればいいの?」という低学年生の疑問に対して高学年の生徒が「まずは試してみよう」と、先生に聞く前にチャレンジして解決する姿が見られました。
kawakami3.jpg

<制作風景>高学年が多かったチーム

低学年生が中心のチームはとにかく元気。みんなが前のめりで机に寄りかかるのでどんどん机がずれていきます(制作が終わった時は1メートルくらい机がずれていました)。このチームはどんどん先にいくのではなく、「こうやったらこういうなるよ」と伝えたことを「次は僕、次は僕」という風に順番をまわして何度も何度も吟味して笑っていました。
kawakami4.jpg

<制作風景>低学年が中心のチーム

そして、女の子のチーム。普段からお友達だったということで、厳正な話し合いが行われていました。写真は「「ゴール」をみんなの絵で飾るの!」と一人ずつ模様を描いている様子。みんな平等、という感じなのでとても時間がかかっていましたが何よりも微笑ましい、可愛い作品ができました(できた作品は下の方で遊ぶことができます)。
kawakami5.jpg

<制作風景>全員女の子のチーム

作品

タイトルをクリックすると、大きい画面で作品を見ることができます。(サムネイルの任意の場所をクリックすると十字キーで棒人間を操作できます。大きい画面で遊ぶ場合は全画面表示になったら画面の任意の場所をクリックしてください。どちらの画面でもスペースキーではじめからゲームを楽しめます。)

低学年生中心のこのチームのゲームは壁が動いています。その壁をくぐり抜けて日本国旗のゴールにたどり着いてください。ゴールが日本国旗、というのがおもしろいですね。壁の早さを調整したり、遊んでくれる人がちょうど楽しめるさじ加減をみんなで考えて作っていました。
低学年中心のチームの作品

(6名/制作時間約60分)

女の子中心のチームはなんと棒人間が二人。二人ともお友達だそうです。だから、二人でゴールしないといけませんね。壁にぶつかってしまったときの工夫、また、ゴールにたどり着いた時の変化もお楽しみください。
女の子中心のチームの作品

(5名/制作時間約60分)

kawakami6.jpg

高学年生中心のチームの作品

そして、高学年中心のチームの作品ですが、残念ながらインターネットに保存されていませんでした。上の写真でわかるようにかなり作り込んだ、本当にオリジナルのゲームでした。「こんなゲームがあったら500円で買う!」という発言もあったそうです。エイリアンを倒すべき狙撃隊が1キーを押すと一斉に射撃します。そして、空からは飛行機のミサイル攻撃が2キーで援助してくれる、という驚かされるゲームでした。銃に打たれたエイリアンの変化もまた注目だったのですが、、、

(参加者約6名/制作時間約60分)

最後は自分のゲームからは離れて他のチームのゲームを遊びにいきました。「ちょっと簡単すぎたから直してくる」と、他のチームのゲームで遊んでから再度自分の机に集まって調整するチームも。本当のゲームクリエイターのようでした。

今回で川上小学校のビスケットワークショップは全2回で終了となりました。いつもは個人での制作が多いのですが、今回はグループワークでゲーム作り、ということでわいわい意見を出し合ってゲームを作ってる姿がとても楽しそうでした。最後に「みんな楽しかったですか?」という質問をすると「はーい!」とみんな元気よく手をあげていました。川上小学校のみなさん、ありがとうございました。

日時:2013年2月6日(火)15時10分〜16時30分

場所:横浜市立川上小学校

講師:NPO法人デジタルポケット

内容:ワークショップ

タグ: ,