タブレットでアニメとゲームをつくろう(後半)

2012年11月24日(土)特定非営利活動法人NPOカタリバが運営するコラボ・スクール女川向学館(宮城県女川町)にて平成24年度キャリア講座の第4回目としてビスケットを用いたワークショップの第二回が行われました。

前回に引き続いてのビスケットでの作品制作ですが、後半からの参加者も多く、前回の出席者はゲーム作りへ、今回からの出席者はまず共同制作(ビスケットランド)で練習をしました。

当日の様子はコラボ・スクール女川向学館のブログでも紹介されています。

katariba2-1.jpeg

<制作している風景>みんな一所懸命につくっていました。

katariba2-2.jpeg

<ゲームの展示>ゲームが出来上がった参加者からゲーム体験コーナーにゲームを並べます。

katariba2-3.jpeg

<鑑賞会1>最後は大きいスクリーンで一つずつ参加者の作品を見ていきます。

katariba2-4.jpeg

<鑑賞会2>大盛り上がり!

ビスケットランド

最初に「やま」をテーマにした作品を作成しました。

タイトルをクリックすると、大きい画面で作品を見ることができます。

やま

インタラクションのある作品

ビスケットランドで使い方をビスケットの基本的な使い方を覚えた後で、インタラクションのある作品作り。びっくり箱のようなものやシューティングゲームのようなもの、いろんな作品がうまれました。

以下のゲームの画面を見るためには、インターネットエクスプローラー以外のブラウザをご使用ください。

タイトルをクリックすると、ゲームの一覧が表示されます。遊びたいゲームをクリックしてください。

ゲームの一覧画面

この画面になったら、下の「全画面表示」をクリック

画面右の丸い矢印を押すとやりなおし、×を押すと終了

制作(はじめての参加者)


制作(2回目の参加者)

2日間にわたり、女川向学館のみなさん、ありがとうございました。

おまけ

最後に少しだけ「おかしのくに」もつくりました

タイトルをクリックすると、大きい画面で作品を見ることができます。

おかしのくに

日時:2012年11月24日(土)13時〜16時半
場所:女川向学館(女川第一小学校校舎 1階)
主催:女川向学館
内容:ワークショップ

タグ: ,