北新宿高齢者在宅サービスセンター(かしわ苑)レクリエーション

2012年11月15日(木)、北新宿高齢者在宅サービスセンター(かしわ苑)にて、午後のレクリエーションの一環としてビスケットを使った作品作りが行われました。

一人一台アンドロイドタブレットを使い、「秋」をテーマに作品をつくりました。5〜6人で1セッション50分程を2回行いました。利用者の方と「秋と言えばなんですかね〜?」と会話を楽しみつつ、作品をつくることができました。

kasiwaen1.jpg
kasiwaen2.jpg

最初に紅葉の絵を使ってビスケットで絵を動かす動かし方をみんなで練習しました。その後に自分の絵を動かしてビスケットランドに保存。はじめは「こういうのは苦手なんです」、「難しいです」と否定的な感想も多かったですが、自分の描いた絵が動いたときにはスクリーンをみながら楽しんでいただけた利用者の方も多かったです。

作られた作品

タイトルをクリックすると、大きい画面で作品を見ることができます。

前半チーム

<制作風景>前半のチームの作品サツマイモ、紅葉、みかん、すすきなどが動いています。



後半チーム

<制作風景>後半のチームの作品はまつたけの動きが印象的。「においがでるといいなー」と新しい提案も!


次回はどんなテーマで作品をつくろうか、いまから楽しみです。

日時:2012年11月15日(木)
場所:北新宿高齢者在宅サービスセンター(かしわ苑)
内容:ワークショップ

タグ: