慶応大学病院ビスケットワークショップ

2012年7月14日(土)、慶応大学病院(東京都)の小児科に来ている子供達とビスケットワークショップをおこないました全員で5人の参加者と一緒にはじめにビスケットランド「うみ」で練習をし、後半はゲーム作りを行いました。

P1030222.JPG
P1030230.JPG

ビスケットランド

参加者と一緒にビスケットの使い方を覚えながら海をつくりました。河童やカメ、わかめ、ひとで、いろいろなものが海にいるのがわかります。

▲みんなで作った「うみ」

タイトルをクリックすると、大きい画面で作品を見ることができます。

うみ

ゲーム作り

後半はゲーム作りでした。基本のUFOとロケットのシューティングゲームで練習をしてから、オリジナルゲームを作りました。

▲ゲーム(スライドショー)

タイトルをクリックすると、新しいウィンドウが開いて、見たい作品を選ぶことができます。
作品を選んだら画面上にある「あそぶ」のボタンをクリックしてください。全画面表示で遊ぶことができる。(画面の任意の場所をクリックすると1、2キー、上下左右キーが使えるようになります。スペースキーでゲームを始めからできます)

ゲーム

日時:7月14日(土)
場所:慶応大学病院
対象:小児科の子供達
主催:NPO法人デジタルポケット
内容:ワークショップ

タグ: