りんごに矢を当てると!

第二回目は、2012年6月2日(土)に『はまぎん こども宇宙科学館』で行われた「プログラミングで宇宙アニメをつくろうⅢ」の「宇宙ゲームをつくろう」からご紹介します。

こちらをクリックすると大きい画面でゲームを実際に遊ぶことができます。

<やり方>
1、画面の任意の場所をクリックします(カーソルは消えますので、だいたいで結構です)。
2、1キーを押すと矢が飛びます。
3、スペースボタンを押すとはじめからやり直すことができます。
*キーボードは半角英数字の設定にしておいてください。

みなさん、矢をリンゴに当てることはできましたか?お化けにあたってもびっくりされると思います。
このゲームの作成画面はこちら。

スクリーンショット 2012-06-12 13.31.13.png

メガネを見易く並べると下記のようになります。

スクリーンショット 2012-06-12 13.31.33.png

矢とリンゴ(または、お化け)がぶつかると6コマのアニメーションを経てお化けに変身するプログラミングがされているのがわかります。プログラミングは細かい1つ1つの命令の積み重ねだということがよくわかっていて、根気づよくこの動作を作ったのだと思います。
ゲームの操作性、内容もそうでうが、このようにクリアしたとき、目標を達成したときに驚きが生まれるようなプログラムがされているとゲームがぐっと面白くなりますね!