ビスケットとは?

Viscuit ビスケット〜コンピュータを粘土のように〜とは

2003年にNTTの研究で開発された「誰でもプログラミングを体験してコンピュータの本質が理解できる」をコンセプトとしたビジュアルプログラミング言語です。インターネットにつながったパソコンがあれば、ブラウザ上で自由自在にプログラミングができます。
http://www.viscuit.com

教育の場で必要とされるビスケット

ビスケットが誕生した背景には、現在流行しているプログラミング入門の言語では、プログラミングにフォーカスが当たりすぎていて、「コンピュータの本質」というものを理解し難いという状況があります。例えば、Scratchプログラミンといったブロック型のビジュアルプログラミング言語は、現在主流のプログラミング言語に近いことを簡単にできるようにする方法がとられています。
ビスケットはプログラミングの入門言語ではなく、「コンピュータってこういうものなんだ」と直感的に知ってもらうためのものです。ワクワクした気持ちでビスケットを使い、楽しみながら(そうとは知らずに)プログラミングをすることにより、自然とコンピュータに対しての直感が育まれます。

ビスケットのキーワード

コンピュータが大好きになるビスケット

2003年から、ビスケットは教育機関・展示施設・イベントなど、様々な場面で利用されてきました。
そして、その度に改良、改善が重ねられて今に至っています。
例えば、ビスケットに備わっているペイントツールに注目してください。
ペイントツール

デフォルトのペンの太さ、質感、そして、適当に選んで描いても失敗しないような工夫、色の選択のし易さ、など、あらゆるところにコンピュータを嫌いにならないための配慮があります。
また、ビスケットは多彩な活用の仕方からコンピュータの本質にいろんな角度からビスケットを通して近づける可能性をもっています。

みんなが楽しめるビスケット

ビスケットのワークショップに参加したあと「楽しかった」と答える人はほぼ100%です。
その100%のビスケットが利用されている場面の多彩さに注目してください。
初等教育の場面はもちろんですが、幼稚園から大学まで幅広い教育実践の場で活用されています。
また、博物館、美術館などの公共施設、病院、介護施設といったケアの場でも利用されていることから、
「誰でも」コンピュータで遊んでもらえるツールだということがわかります。

WSの様子

ビジュアルプログラミング言語?

ビジュアルプログラミング言語は、プログラミング言語の一種です。
プログラミング言語はコンピュータと人間を取り持つ言葉です。コンピュータは機械にわかりやすい命令(数字を並べたもの)で動きますが、プログラミング言語の誕生によって、人間にわかりやすい形式でコンピュータに命令して、機械にもわかる形式に変換することが可能になりました。しかし、プログラムは普通は難しい文字で書かれています。ビジュアルプログラミング言語は難しい文字を使わずに絵や図を使ってプログラムを行うための言語です。
初等教育用のプログラミング言語で有名なものには、Scratchプログラミンなどがあります。

ビスケットを作ったのは

原田康徳さん

計算機科学者。ワークショップデザイナー。
ビスケット開発者。博士(工学)。ワークショップデザイナー。1963年北海道生まれ。1992年北海道大学大学院情報工学専攻博士後期課程修了。1992年~2015年日本電信電話株式会社 NTT基礎研究所、NTTコミュニケーション科学基礎研究所 1998年-2001年JSTさきがけ研究員。2004年〜2006年、2010年〜2013年 IPA未踏ソフトウェア創造事業プロジェクトマネージャ兼務。NTTを退職後、合同会社デジタルポケット設立。