こどもビスケット開発室

img1

〜ビスケットで楽しみながらコンピュータの可能性を感じよう!〜

楽しみながらコンピュータの可能性が伝わるよう設計されたレッスン
創作+開発の新しいスタイルの教室「こどもビスケット開発室」
開発者と一緒にソフトウェアができていく過程を身近に感じる特別な体験

こどもビスケット開発室とは?

img2

 合同会社デジタルポケットは、こどもでも使えるビジュアルプログラミング言語「ビスケット」のタブレット版をリリースし、ビスケットを用いた教材の開発と他教室への教材の提供を行っております。また、こども向けプログラミング教室「ビスケット塾」は、前組織であるNPO法人デジタルポケットの時代より、だれでもコンピュータが好きになれる教室と、好評を博しておりました。このたび、両者の特徴を併せ持った新しいスタイルの教室「こどもビスケット開発室」を開講することといたしました。



 「こどもビスケット開発室」では、小学3年生以上を対象として、リリース前の新しい機能などが含まれる実験的な内容の教室を実施します。進度に応じた少人数形式で、毎回新しい機能や応用を試みます。

 経験豊富なビスケット塾の講師陣に加え、ビスケット開発者で弊社代表の原田康徳が自ら担当します。


教室・時間

場所:渋谷区文化総合センター大和田

時間:月2回・金曜日 16:30〜18:20

対象:小学校3年生以上

定員:10名

*3月の開催は3日、31日です。4月の開催は14日、21日です。5月の開催は12日、19日です。6月の開催は3月20日に発表します。毎月20日に3ヶ月後の予定を発表します。

レッスン監修・開発室長

監修:原田康徳 ビスケット開発者・博士(工学)
デジタルネイティブの時代と言われていますが、残念なことに子どもたちが普段触れているデジタル機器は創造的なことには使われていません。大人が作ったアプリを使わされているだけです。一方で彼らが大人になる頃には、デジタルでの創造が最も大事なスキルの1つになると言われています。この講座の特徴は工学的な創造性と芸術的な創造性の両方をバランスよく鍛えるところにあります。早い時期からコンピュータの創造的な真の使い方を知って、未来の社会へ積極的に関わり合う人材に育って欲しいと願っています。


受講料(全コース共通)

1月・1名 8000円(1回4000円)

*すべての金額は税込金額です。
*いただいた受講料金の返金は一切できませんのでご了承ください。

バナーサンプル