湘南工科大学「親子でつくる ぐちゃごちゃアニメ」

2013年10月5日(土)に湘南工科大学にて社会貢献活動の実習としてデジタルポケットでビスケットワークショップを学んだ学生が、ビスケットをつかったワークショップ「親子でつくる ぐちゃごちゃアニメ」を開催しました。

当日の様子

wsc1.jpg

<入り口の様子>学生のつくった看板から、参加する子供たちに楽しんでもらいたい、という気持ちが伝わってきます。

wsc1.jpg

<説明している様子>説明のときはコンピュータから離れて、一度集まってもらいます。集まってもらった上で、メインファシリテータのディスプレイをみんなで見ながら説明を聞きます。学校のパソコンはすべてタッチパネルでした。

wsc1.jpg

<発表会の様子>出来上がった作品はプロジェクタで投影します。部屋を暗くすると参加者の作品がよりきれいに映ります。たくさんの作品ができました。

できあがった作品

練習・うみ


ひとつひとつの作品をみる

どうぶつえん


ひとつひとつの作品をみる

ハロウィン


ひとつひとつの作品をみる

メインファシリテータを担当した学生の感想

初めてワークショップのメインファシリテータをやってみて、最初は僕も子供達も緊張していたが、ビスケットを通じてお互い緊張がほぐれていくのを実感した。みんなと楽しく出来て良かった。

日時:2013年10月5日(土)13:00~15:00
場所:湘南工科大学
内容:ワークショップ

[`yahoo` not found]